東海エリア最大の腕時計正規店

FacebookInstagramTwitter
Ladies Watchはこちら
  • 今池本店

    TEL 052-741-0016
    営業時間 11:00~19:00
    水曜定休(祝日は営業)

  • 久屋大通店

    TEL 052-951-1600
    営業時間 11:00~19:00
    水曜定休(祝日は営業)

  • IWC名古屋ブティック

    TEL 052-953-1868
    営業時間 11:00~19:00
    年中無休

  • OFFICINE PANERAI NAGOYA BOUTIQUE

    TEL 052-951-8111
    営業時間 11:00~19:00
    水曜定休(祝日は営業)

Blog 今池本店 Blog 久屋大通店 Blog OFFICINE PANERAI NAGOYA BOUTIQUE IWC NAGOYA BOUTIQUE
  • mens
  • ladies

TANAKA HISAYAODORI Shop Blog 久屋大通店ブログ

時計の機能について【基本編】

こんにちは!久屋大通店の原です。

 

腕時計ってものすごくたくさん種類がありますが、その中にはいろいろと特別な機能がついたものがありますよね。

時計店のスタッフや時計好きのお客様には当たり前の概念になっているかもしれませんが、

意外となにそれ?知らない!というものもあるかもしれません。

 

なので今回は基本に戻り、腕時計の仕組みや構造について振り返ってみたいと思います!

 


 

・手巻き/自動巻き

 

機械式腕時計の中で、動力源のゼンマイを手で直接巻き上げるものが手巻き

機械に振り子(重り)を取り付けて、装着した際に腕の運動で自動的に巻き上げができるようにしたものが自動巻きです。

 

手巻きの特徴は、重りがない分構造的に単純(軽くて薄い)、ムーブメントの構造がよく見える、毎回手で巻く必要がある。

対して自動巻きは、構造的にはひとつ複雑(重くて厚い)、装着している限りは手で巻き上げる必要がありません。

より古典的なのが手巻き、現代的なのが自動巻きというイメージでしょうか。

 

自分は機械が良く見える手巻きの方が好きなのですが、

もちろん機械が良く見えるように工夫した自動巻きのモデルも存在します。

▲マイクロローターの例。自動巻きですが、輪列の様子がよく見えます。

 

マイクロローターや、ペリフェラルローターがその一例です。

ローターが付いていて後ろ側がよく見えないとは言いますが、そのローター自体に美しい装飾が施されているモデルもあり、

一概にデメリットとも言えないのが面白いですね。

(個人的にはロイヤルオークのローターが綺麗で好きです。)

 


 

・インデックス

 

インデックスとは、文字盤の数字のことです。

1,2,3…というアラビア数字、Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ…というローマ数字

あとは数字ではなく棒で表したバーインデックスの三種類が一般的です。

形状以外にも、平面的なプリントか、立体的なアプライドかによっても全く雰囲気が変わります。

▲サクソニアは、アプライドのバーインデックス。

▲パイロットウォッチは、プリントのアラビアインデックスです。

 

バーインデックスはアプライドが、アラビア数字とローマ数字はプリントが多いです。

数字になると成形が難しいからでしょうか。

例外として、ポルトギーゼはアラビア数字のアプライド、ランゲ1はローマ数字のアプライドになっています。

アプライドは高級感が出るため、ドレスウォッチに採用されることが多いです。

プリントは視認性に優れているので、パイロットウォッチやダイバーズウォッチによく見られます。

1815やレベルソなどの古典的なデザインのモデルにも、プリントのインデックスが多いですね。

 


 

・リューズ

 

時刻を合わせる時に操作する、横に出っ張っている部分です。

今はゼンマイの巻き上げ、日付操作、時刻操作の3つの役割を持っていることが多いです。

ムーンフェイズやGMTなどプラスアルファの機能を持つモデルは、その操作を担っている場合もあります。

 

直感的に操作しやすいようにリューズにすべての機能を集約しているモデルもあれば、

ひとつの部分に負荷が集中しないように、あえて複数のパーツに分散させているモデルもあります。

ブランドの考え方の違いを感じて面白いですよね。

また、リューズの話をする時に欠かせないのが、この左リューズです。

左利きのための時計なのでレフトハンドとか、右に装着するのでライトハンダーとか呼ばれたりします。

 

左リューズを持つ時計の数は少ないですが、右リューズにはない雰囲気があって好きです。

絶妙な違和感というか、有るべきところに無い感じに、不思議な魅力を感じます。

 

左リューズの有名どころというとやっぱりパネライやチューダーでしょうか。

先ほど例に挙げたIWCもそうですが、

左リューズの時計があるブランドは軍用に時計を量産していた所が多いです。

なんとなくリューズ左にしてみましたではなく、左利き用の時計の重要性が高かったから作った

ということがわかるのも、背景を感じてイイですよね。

 


 

時計って見れば見るほど、振り返れば振り返るたびに新しい発見や言いたいことが見つかるので、

本当に一生楽しめる趣味だな~と思います。

次回はクロノグラフあたりを掘り下げてお話したいと思います!

 

TANAKAウォッチギャラリー 久屋大通店 担当:原 明日香(はら あすか)

店舗情報:https://www.kk-tanaka.com/info_hisaya/

お問合せ:https://www.kk-tanaka.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-19-12 久屋パークサイドビル1F

TEL: 052-951-1600 FAX: 052-951-1655

MAIL: twg@kk-tanaka.com

定休日: 水曜日(祝日は営業、12月は無休で営業)

---<TANAKA公式>---

◇TANAKA公式HP:https://www.kk-tanaka.com/

 

この記事をシェア »

Shop Information

ショップからのお知らせ

Contact

お問い合わせ

TANAKA 久屋大通店

OFFICINE PANERAI
NAGOYA BOUTIQUE

  • ご注意
  • tax free